バイトやめました

2年ちょいくらいお世話になったお店を辞めました

心境とか自分語りです

 

 

行動力が極端に低い人間なので一人で外食とか全くしないのに飲食店で働いてました

自分に似合ってなくていいかなというよく分からない動機です

お店っていうのがそもそもめちゃくちゃ苦手なんですよね…

こういう点は本当に向いていなかったと思います

他にも自分で良くないと気づきながら直せなかったことばかりですが…

ごめんなさい

 

今まで学校や部活で同年代の同性しかいないようなコミュニティにしか所属していなかったので、女子高生(年下)の先輩やパートのおば様方と仕事をするのはおもしろかったです

未だにその人たちと世間話とかできないけど

基本一人で黙って仕事してました

 

それでも他の方から話しかけてくれたり親切にしてもらい、この職場を選んでいて良かったなと思います

ことあるごとに痩せすぎだの50kg目指そうだの言われてました

お昼時なんかのピーク中の、スタッフ全員で集中しているときの団結感が割と好きでした

大学の後輩とかが偶然同じバイト始めたりしてちょっとでも喋れる人増えたしね

 

本当にいいお店で、バイトが大きな問題行動起こしたりもなく(たぶん)、みんなちゃんとしていました

朝シフトで私と社員さん2人だった時期に、交互に遅刻したりしてめちゃくちゃ迷惑かけたくらいですかね

朝にシフト入れられなくなりました

採用面接時、『クビにはしないけど3回遅刻したらお説教ね』と言われたのにいつのまにか3回遅刻でクビルールができていたりしました

5回くらい遅刻したけどクビにはなりませんでした(本当にごめんなさい)

あとは仕事で着けるヘッドセットのマイクが(物理的に)ストレスでよく頭痛になり、何度か帰宅困難になったり吐いたりしたくらいですかね

振り返るとあんまりおもしろエピソードないな…

何も言ってないのに上司にTwitterバレてたくらいでしょうかね

 

学生生活の方で色々あり、いよいよ辞めようと決めてから、それを伝えるのが本当にしんどかったです

これからどうするのか何も決められず、なにか聞かれても曖昧な返事ばかりしていました

気を遣われてか情けなさ過ぎて見ていられなかったのか、どんどん話しかけてもらえなくなったのがつらかったです

まあ実際のとこ相当面倒くさい存在だったと思います

すみませんでした

 

情けない去り方をしておきながら餞別の品まで頂いたり、最後まで感謝しかありません

初めてお金をもらう仕事をして、正直自分の悪いところが見えるばかりでした

まあそういうところを助け合って世の人々は頑張ってるんでしょうね…

 

他の人はどう思っているか分かりませんが、私はこのお店に関われて本当に良かったです

…と、ここまでのような話をなんかいい感じに日報に書いて終わろうかなと思ったけど、くどくどしつこいかなと思ってやめました

やめたんですが何かに書きたくてブログにしました

 

特にオチはないですがお世話になりました

 

おわり