運転免許証から「眼鏡等」を消してもらった話

今日,伊丹市にある阪神運転免許更新センターへ運転免許の更新に行きました.

その際に,これまで煩わしくて仕方がなかった「眼鏡等」の条件を消してもらうことができたので,同じような悩みを持つ方のために書き残しておきたいと思います.

 

  • ことのはじまり

 

私は"不同視"という体質?で左右の視力に極端な差があります.

視力検査を受けると,右目では全てのランドルト環が見えるのに左目ではほぼ全く見えません(失明はしてません).

 

で,

私は2年ちょっと前に普通自動車の運転免許を取得したのですが,教習所で『運転免許試験場には眼鏡を掛けて行ってくださいね』と言われ,まんまと騙されて免許証にはしっかりと眼鏡等の条件が記入されたというわけです.

普通自動車の運転免許取得に必要なのは「両目ともに0.7以上の視力」または「片目で0.7以上の視力と左右に150度以上の視野」です.

つまり私は2つ目の条件をクリアしているにも関わらず裸眼で運転してはいけない状態でした.

 

右目だけとはいえ目が悪いわけでもないので普段眼鏡を掛ける機会もなく,運転するときだけ眼鏡が必要になるというのは非常に鬱陶しいです.

当たり前のことですが,「眼鏡等」の条件付きの場合は眼鏡やコンタクトなしで運転してしまうと違反なので.

 

どうでもいいんですけど「視力検査直前に視力をアップする方法」みたいなやつ書いてる人は何を考えてるんですかね?

頭がおかしいとしか思えませんが.

 

 

  • 実際に「眼鏡等」が消されるまで

 

運転免許の更新の際には書類の提出,視力等の適正検査,安全講習を受ける必要があります.

結論から言えば,普通に並んで普通に視力検査を受けたら普通に認めてもらえました.

 

裸眼でしれっと視力検査を受けて左目の時だけ「見えません」「分かりません」と連呼していると,「裸眼ですか?コンタクトとかしてます?」と聞かれました.

裸眼だと伝えると私だけ視野の測定に連れて行かれました.

そこで右目の視野の広さを確認した後,「じゃあ眼鏡等は消しておきますね」とすんなり終わりました.

この2年間は何だったんだ.

 

その後検査結果の書類を提出すると「ああ,目が良くなったんですね!?」とおじさんに言われました.

なってません.(にこやかに無視した)

 

 

  • まとめ

 

更新前の免許証に「眼鏡等」と記載されていても,更新時に裸眼で視力検査を受けて条件を満たしていれば取り消してもらうことができました.

自分と同じような事例をあまり聞かなかったのでかなり不安でしたが,更新センターの職員さんはさすがに毎日やっているだけあってかなり手際よく検査してくれました.

ありがとう,阪神運転免許更新センター! 

 

私と同じように眼鏡をかけずに生活している不同視の方や,レーシック手術を受けて視力が回復した方の参考になれば,と思います.

少なくとも2016年11月6日の阪神運転免許更新センターではすぐに消してもらえましたが保証はできませんので悪しからず…

 

 

  • おまけ(阪神センターの初回免許更新の流れ)

 

12:55~13:10 

手順の説明&受付開始

→書類の記入,適性検査,写真撮影

 

13:10~13:40 

 

13:40~15:30

初回講習(ビデオ見たり話聞いたり)

→新しい免許証を受け取って解散

 

 

会場に早く着いても受付開始時刻までは全ての窓口が全く機能していないので暇です.

5分前にようやく並ばされるので,それまでに行けば十分早く受付をしてもらえます.

なんとなく勝手に,更新センターに早く行けば視力検査等を先に済ませられるのかと思っていましたがそんなことはありませんでした.

そして検査が早く終わると講習が始まるまで空き時間ができます.

その代わり免許証の配布も受付順なので(若干)早く帰れましたが.

 

講習が始まるまでは特に教室にいる理由がないのですが,ほとんどの方が固くて冷たい木の椅子から離れようとしないのには感動しました.

皆さん素晴らしい忍耐力ですね.

私は外のベンチでジュースを飲みながらだらだらTwitter見てました.

 

 

てか【飲食禁止】【携帯電話使用禁止】って書いてあるし講習前にも説明されたのにそれすら守れないやつが運転免許持ってるの何なんだよ

さっさと取り上げてくれ

 

 

おわり